HANABISHI BLOG
HANABISHIのブログ

略礼装の基本

皆様こんにちは、HANABISHI加倉店です。

季節の変わり目ということもあり、「フォーマルスーツ」に対するお問い合わせが多くございます。
店頭では、突然の不祝儀時に着用すると、体型の変化で「きつい」や「緩い」というケースを多く見受けられます。
必要に迫られてから袖を通すため、気づかずに無理して着用しているという場面に出くわしたこともあります。
その他には、ビジネススーツはオーダーで作るが、礼服は既製品で間に合わせるという方も意外と多く見かけます。
普段の着慣れたサイズとかけ離れているせいか、野暮ったくみえるという経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

年齢を重ねると必要に迫られる場面も多くなるため、TPOに合わせて事前に準備をしておくことが「社会人としてのマナー」にも繋がります。今回は、日本社会において着用機会の多い「略礼装」をご紹介致します。

そもそも、略礼装とは何ですかと問われる方もいらっしゃるかと思われます。
上記のようなブラックスーツを一度は目にしたことがある方、お持ちの方が大半ではないでしょうか。フォーマルの世界に於いて「略礼装」は最も格式の低い礼装です。お葬式時の一般参列者や結婚式のご友人方の装いという方が解りやすいかもしれません。略礼服も同じ意味です。
簡単ではありますが、モーニングコートやテールコートは、最も格式の高い礼装である「正礼装」。結婚式において主賓や上司などが着用するディレクターズスーツやタキシードなど「準礼装」が挙げられます。
略礼装に於いて、世代によってもデザインの認識が異なりますが、幅広い世代で着用されるのが「シングルブレストの2つボタン」になります。
あまり知られていませんが、弔事には「不幸が重なる」ことから、ダブル仕立ては避けたいデザインの一つと言われています。

そして「ノーベント」が基本です。
日本では昔から「縁が切れる」とされて、忌み嫌われるデザインだと言われています。

袖口は「三つボタン」が基本になります。
今回の略礼装はお祝いをメインに考えています。
ボタンホールを立体的に魅せるため、遊び心を入れて本切羽にしております。喪服をメインにする際は、華美な装飾は控えた方が無難です。

日本では略礼服が多用されていますが、海外においては全く通用しませんのでご注意ください。
海外勤務や出張も多いという方においては、その場にあった着こなしは非常に重要となります。決まりごとが多く難しいという方もいらっしゃると思いますが、一度知識として身に付くと教養としても伝えられます。

フォーマルスーツをご検討の際は、各店頭スタッフにご相談ください。
解りやすくご説明させていただきます。
皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

HANABISHI ONLINE SHOPのご案内
過去にHANABISHIでお作りいただいたオーダースーツのデザインそのままであれば、生地・オプションを選ぶだけで2着目以降がお気軽にご注文いただけます。
お手元のスーツを基準に、ウエストなど4箇所のサイズ微調整も可能です。
この春夏シーズンより新たにベスト(スリーピーススーツ)の同時注文が可能になりました。また、ネクタイの販売もしております。
2着目以降のスーツをONLINE SHOPでご検討してみてはいかがでしょうか。
https://www.hanabishi-online.shop/

PAGE TOP