HANABISHI BLOG
HANABISHIのブログ

大人のためのワンランク上の装い~オーダージャケット編~

皆様こんにちは。

HANABISHI札幌店の工藤です。

今回は生地やトレンドのご紹介ではなく、40年を超える歴史を持つHANABISHI札幌店のベテランスタッフの着こなしやタイトルにもありますように“大人のための装いとは”という部分にフォーカスを当ててご紹介いたします。

今回はジャケット編と題したので、スタッフのこだわったディテールや色使いを詳しく見ていきます。

千鳥格子のクラシックなジャケットですが、衿にはアクセントになるレッドのステッチ。寒色だけでなく暖色アイテムとのコーディネートにも役立ちます。
他のアイテムと共存できるよう今回はダークネイビーのスラックスで引き締まったシルエットを作り、無理をしすぎない大人のコーディネートの完成です。


大柄のチェックをあしらったネイビーのジャケット。「基本に忠実」ということであればスラックスは無地。というコーディネートもありますが、今回はあえてヘリンボーンストライプのパンツを合わせました。柄物同士は難しそうと敬遠される方も多いことと思いますが、組み合わせる柄の大きさの違うものを使うことによって無理のない一つのコーディネートとなります。
ジャケットにはブラウンのレザーボタンを使用していますので、革靴もブラウン系のもので合わせて足先まで統一感を持たせ上品な印象に、清潔感のある周りの方のためのおしゃれというべき紳士のコーディネートの完成です。

イタリアンカラーコーディネートの代表格としてよく取り上げられる“アズーロ・エ・マローネ”。意味としては空の色(青)と栗の色(茶)の組み合わせのことを指しています。
今回はジャケットにブラウン、ワイシャツとスラックスにブルーを取り入れてイタリアンな雰囲気の演出を。
またボタンとフラワーホールにアイボリーを差し色として使うことにより、全体が暗くなりすぎるのを抑えて柔らかな雰囲気に。
そしてスエードシューズで季節感を出してまとまりのあるコーディネートの完成です。

HANABISHIはイージーオーダー(システムオーダー)のパイオニアとして高い縫製力とバラエティ豊かな服地でお客様にスーツをお届けしてまいりました。
札幌店では40年以上のキャリアを持つスタッフが確かな技術をもってご案内させていただいております。
また若年層のスタッフもその歴史を汚すことのないよう日々精進し、お客様が安心してオーダーを楽しんでいただけるような空間を第一に考えております。

ご質問等あればご案内いたします。お気軽にお立ち寄りくださいませ。

スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ちしております。

PAGE TOP