FEATURE 特集記事

オーダーパンツの
基本情報

パンツこそオーダーしよう!
見栄えも履き心地も満足できる、
自分だけの1本をつくる!

スーツやジャケット&パンツのエレガントな着こなしは、ビジネスシーンにおいて一目置かれる大切なポイント。得てしてジャケットに気を使い勝ちだが、意外にも周囲から視線を注がれるのが「パンツ」。理想のパンツとは、体に正しく合っている自分仕様の仕立てであること、つまりオーダーメイドが大前提!オーダーだから実現できる自然なフィット感や美しいシルエット。そして、今シーズンおすすめの仕立てなどパンツ選びで重要なポイントをチェックしてみよう。

  • ビジネス仕様なら「テーパード」シルエットを!

    ビジネスで着用するパンツは、テーパードが一般的。テーパードとは裾に向かってだんだん細くなるシルエットのこと。パンツはヒップ・腿・膝・裾のそれぞれのバランスによって与える印象がまったく違う。体にフィットしたタイトなシルエットのスキニーはスーツに合わせると細すぎる。デザイン性が高いシルエットとして注目のワイドもカジュアルすぎる。ビジネスシーンでの着用するなら、ヒップから裾にかけて体型に合わせた適度なゆとりのテーパードがベストシルエット。

  • トレンドのタック入りも、オーダーならすっきり!

    タック入りパンツは、クラシック顔でトレンドアイテムだが、かっこ良くスマートに見えるかどうかは、履いたときのシルエットの美しさで決まる。ベルトで締め付けたウエスト周りや、ヒップの合わないパンツはみっともないし、大きすぎると野暮ったい。ノータックに慣れている場合、タックを入れるとブカブカでかっこ悪くなってしまう思いがちだが、オーダーであれば1人ひとりの体型に合わせパンツを仕立てるので、1タックでも2タックでも美しいシルエットが実現でき、初心者でも気軽にトライできる。

  • パンツ選び。実は、裾口の表情が一番重要!

    パンツ選びの重要なポイントは裾口。近年は、スーツのパンツであっても裾幅がやや狭い傾向があるため「昔ながらのワンクッション」より、若干短めにしないとバランスが悪くなってしまうことに。ドレッシーに見せるならシングルだが長すぎるのはNG。前が短く後ろが長いモーニングカットなら野暮ったくならず足長効果も。ドレスダウンするならを思いきってくるぶし見せにしてしまうのもおしゃれ。裾の細かなデザインの指定、長さの微調整などこだわりの一本がつくれる。

FABRIC

  • Corduroy
    コーデュロイ

    綿横ビロード織りしたパイル織物の一つで、ベッチンと同じ織り方だが、縦うねが特徴である。保温効果が高いので、冬服に使われることが多い生地。カジュアル向けのパンツにオススメの生地です。

  • Flannel
    フランネル・起毛

    平織り地をフラノ仕上げ(縮絨・起毛・剪毛・圧絨)といわれる起毛仕上げを施しているため、生地表にケバをもつ、やわらかく、暖かいタッチが特徴です。

  • Basic wool
    ベーシックウール

    高い保温性と伸縮性、適度な吸湿性、型崩れしにくいなど多くの特性があります。元来ウールにはシワになっても回復しやすい性質があります。

OTHERS

PAGE TOP