SPECIAL FEATURED HANABISHIがお届けする特集記事

COLUMN 04 シーン別のラインナップ、オーダースーツなら自由自在

「オーダースーツを作ってみたいと思うけれど、一体どういうものが自分に似合うかわからない……」 というお話をよく耳にします。

確かに、既製服ならばこの視点が必要です。しかし、花菱縫製のオーダースーツは違います。

それは、スーツが人を選ぶのではなく、人がスーツを選ぶから。

ですから、お客様に考えていただくことは、「どんなスーツが自分に似合うか」ではなく、「どんなスーツで自分を演出したいか」「どのようなシーンで使うか」ということになります。

– 堅実な印象を与えたい場合

真面目な印象で臨みたい場合は、やはり無地の紺スーツがおすすめです。

特にリクルートでは、第一印象が大切。ストライプなどの柄ものより、シンプルで好印象を与えやすい無地をおすすめしております。

また、着回すことが多いような場合は耐久性を考え、繊細な生地よりもポリエステルを含んだものもおすすめです。

オーソドックスなものでも、オーダースーツならばひと味違った、あなたにフィットしたシルエットを提供することができるのです。

– スタイリッシュに魅せたい場合

シャープな印象を際立たせたいときは、ほっそりとしたスリムフィットのスーツがおすすめです。

紺地にシャドウストライプのものや、ライトグレーのものなどが良いでしょう。

いわゆる「デキる」雰囲気を醸し出すのに一役買ってくれます。

このようなスリムフィットのスーツは、シルエットを格好良く魅せることには長けています。しかし、だからこそ個々人に見合った、デリケートなセレクトが必要となってきます。既製品では満足のいくものが見つかりにくのは、これが所以です。

より洗練されたイメージのために、あなたの身体にぴったりとフィットしたオーダースーツという選択肢があります。

– 重厚な大人の雰囲気には?

どっしりとしたイメージの演出には、はっきりとしたストライプが良く合います。シングルではなくダブルにすることもおすすめです。

ここぞという場面に着るスーツ。そんな時に選びたいのが、キメの細かい上質の生地のもの。大切な場面であなたに自信と大きな力を与えてくれるでしょう。

スーツは、体型や年齢に由来するものではありません。

大切なことは使うシーンやお客様の立ち位置。花菱縫製は“安心” “気軽” “楽しい”をキーワードに、お客様にもっと素敵になっていただくためのオーダースーツをお仕立てしております。

PAGE TOP