HANABISHI BLOG
HANABISHIのブログ

DORMEUIL SACKVILLE STREET~ドーメルサックヴィルストリート~クラシックスリーピーススーツ

皆様こんにちは。

HANABISHI札幌店の工藤です。

今回は今年も継続してスーツトレンドの一角を担う“クラシックスーツ”というテーマに焦点を当ててご紹介させていただきます。

オーダースリーピーススーツ150,000円+税(オプション別途)
Material W100%
~DORMEUIL SACKVILLE STREETドーメルサックヴィルストリート~
サックヴィルストリートとは、背広という言葉の由来となった(諸説あります)サヴィルロウストリートのすぐ近くの通りです。またイギリスを代表する生地ブランド~DORMEUILドーメル~がロンドンオフィスを構える通りでもあります。

“オプション”ベリートラペル 1,000円+税
今回のスーツはドレス感の強い幅広のピークドラペルにクラシックなベリートラペル(下衿部分に膨らみのあるデザイン)を合わせました。

近年再び注目を集めているスラックスといえばタック入りのスラックスではないでしょうか。
今までのタイトなシルエットとは違いヒップ周りにゆとりの多い見た目となるタック入りスラックス。
ファッションに敏感な方はすでに雑誌などでご覧になったことがあるかもしれません。
なので、今回は少しアレンジしたタック入りスラックスをご紹介いたします。
それが画像の“インタック”のスラックスです。タックは通常外側(脇ポケット側)に向かって開くものが現在は主流となっておりますが今回は生地もイギリスの生地を使用しましたのでイギリス生まれのインタックタイプを採用しました。

通常はチャックの付く前立て部分も釦止め仕様に。
とてもクラシックな雰囲気のスラックスになります。履いていただくと一見するだけではチャックのものと見た目に差が無いように見えます。こだわりディテールとしていかがでしょうか。

最後にベストのデザインをご紹介いたします。
ベストはクラシックスーツというトレンドをとても分かりやすく象徴しているパーツとも言えます。
今回のベストに関してはダブル型であり、衿付きであり、スクエアボトムであるということでジャケットやスラックスに引けを取らないデザインに仕上げました。
前述のインタックのスラックスと相性の良いスクエアボトムのベストはタック入りのスラックスやスリーピーススーツを手に取ったことのある方にもクラシックな雰囲気のスーツに挑戦してみたい方にもお勧めです。
取り入れてみたいディテールがありましたらHANABISHIのスタッフにご相談ください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

HANABISHI ONLINE SHOPのご案内
過去にHANABISHIでお作りいただいたオーダースーツのデザインそのままであれば、生地・オプションを選ぶだけで2着目以降がお気軽にご注文いただけます。
お手元のスーツを基準に、ウエストなど4箇所のサイズ微調整も可能です。
また、車椅子利用者向けオーダースーツのご注文も承っております。
2着目以降のスーツをONLINE SHOPでご検討してみてはいかがでしょうか。
https://www.hanabishi-online.shop/

PAGE TOP