TOPHOW TOMEN’S オーダーの流れ

HOW TO ”自分らしさ”を見つけるオーダーの流れ

MEN’Sオーダーの流れ

オーダースーツ、オーダーフォーマルスーツ、オーダーシャツはもちろん
オーダージャケット、オーダーパンツ、オーダーベストなど単品アイテムも
仕立てることが出来ます。

オーダースーツ、オーダーフォーマルスーツ、オーダーシャツはもちろんオーダージャケット、オーダーパンツ、オーダーベストなど単品アイテムも仕立てることが出来ます。

  1. 来店
  2. 生地選び
  3. スタイル決め
  4. ディテール選び
  5. 採寸
  6. 仕立て上り
VISIT来店

VISIT来店

オーダースーツをつくるためのスタートは、店舗に行ってみることからスタートします。
HANABISHIは、全店舗一階で営業しております。
まずは、ご相談だけでもかまいませんので、気軽に店舗にお立ち寄りください。

FABRIC生地選び

FABRIC生地選び

HANABISHIでは、「一着分にカットした現物生地」、「世界各国から買い付け、本社 倉庫に反物としてストックしてある生地のサンプル」、「バンチブックと呼ばれる生地問屋のサンプル帳」といった豊富なバリエーションから、生地をお選びいただけます。
そのバリエーションには、コストパフォーマンスの高いオリジナル別注生地 『¥46,200(税込)』から、撥水や防しわ、ストレッチなどの国内機能素材、イタリアや英国などの有名インポート素材まで、さまざま取り揃えています。
店頭表示価格は、生地代と工賃を合わせた、製品価格を表示しております。

STYLEスタイルを決める

STYLEスタイルを決める

すべての基本となるシルエットを決め、ジャケットのスタイル(シングル・ダブル)やボタンの数、パンツのスタイル(タックの数・裾口)などベースとなるスタイルを決めます。
スタッフに、ご希望のスタイルをお伝えください。

DETAIL・OPTIONディテール・オプション選び

DETAIL・OPTIONディテール・オプション選び

基本スタイルが決まったら、細かいディテールやオプションを選びます。
選んだ素材や色・柄に合わせ、ボタンや裏地など、豊富なバリエーションの中からお好きなものをお選びください。

ボタン

BUTTON ボタン

素材、大きさ、色によって、スーツにちょっとしたアクセントをもたらします。選んだボタンを生地に合わせることで、仕立て上がりのイメージをつかみやすくなります。

裏地

LINING 裏地

「通気性」「天然素材」など機能的なものから、カラーや柄など遊びを加えたものまで、お好みで自分らしさを表現できます。

ポケット

POCKET ポケット

見える部分の腰や胸のポケットに加え、裏のポケットも用途に合わせ選べます。細かい部分にまで、自分らしいこだわりをお選びください。

その他

OTHER その他

「ステッチを入れたい」「本切羽にしたい」など、オーダーならではのオプションも多数ご用意しております。

MEASUREMENT採寸

MEASUREMENT採寸

まずは、メジャーでヌード寸法を計測。お客様のサイズに合わせ、ゲージ服と呼ばれる「採寸用サイズ見本服」を試着。肩幅をはじめ、袖丈、脇、胴、股上、股下、ヒザ、裾などなど、あらゆるパートを事細かに測りながら合わせていきます。 そうすることではじめて、目指すスタイルと着やすさの両方を実現できるのです。

POINT

パターンオーダーとの大きな違いは、補正箇所。お客様の体型・要望に合わせ細かく採寸いたします。 採寸してみるとわかるのですが、左右の足や腕の長さが異なることが多々あります。そんな時でも一人ひとり全身に渡って、細部まで採寸するHANABISHIなら、それぞれの身体にピタリと合ったオーダースーツを仕立てることができます。

仕立て上り

FINISH仕立て上り

仕立て上がったオーダースーツを一度試着していただき、肩周り、股上、股下、袖丈、そして全体的なシルエットや着丈のバランスをチェックします。

POINT

サイズに関して気になる部分がある場合は、再度調整させていただきます。
仕立て上がった後も、納得いくまでこだわれる。
それは、できる限り長く着ていただきたいというHANABISHIの想いです。

SPECIAL FEATURED “Bloom Your Life”

HANABISHIの1番のファンであり、
体験者であり、
プロフィッターであるスタッフによる、
自身の体験談やメッセージをお届けします。

1着のオーダースーツが紡ぐそれぞれのライフストーリー

1着のオーダースーツが紡ぐ
それぞれのライフストーリー

来店予約はこちら来店予約はこちら
PAGE TOP